7bcbb23d0f

ハンド

NLHE$1/$2の私がいつも遊んでいる卓で、エフェクティブスタックは約150bb。

一人がリンプし、カットオフの自分まで回ってきた。私のハンドはQcJc。
私は5BBにレイズし、BBがコール。リンパーはフォールドした。ポットサイズは11.5bb。
フロップが配られるまで、相手と、この状況について考えていた。

相手は高齢の紳士で、前に同卓したことがある(はず)。ルースな感じだったな。
たしかその時はAhAdを持っていて、KsTs9c8sのボードでターンチェックレイズされて降りたんだよなぁ。


フロップ Qs5c2d

相手はチェックして、私は7.5bbをベット。コールされ、ポットは26.5bb。

今の所、特に怪しい動きはない。彼にはQQ-55あたりのペアと、OESDの可能性がある程度だろう。


ターン 5d

相手はチェックして、わたしもチェックバックした。ポットは26.5bbのまま。

こっちが勝ってそうだな。ただ勝っているハンドから3発取れるハンドじゃあない。
もし2ストリートしかバリューを取れないのなら、ターンチェックすればリバーでの
彼のブラフを誘えるし、こっちのリバーのベットをブラフと思って広くコールしてくれるかもしれない。
OESDだけが怖いけど、それもこのボードペアで価値は落ちた。


リバー Kc

相手はチェック。

彼が打ってこないなら、まずこのKでまくられていることはないだろう。
だけどこれで彼の77やQ8がコールしてくれなくなったかもしれないな…
う~ん… チェックバックしてもいいけど…。

もしくは…

彼がもし、このカードはブラフに最適なカードとこっちが考えていると読んでくれていれば、
Kをリプリゼントしたブラフっぽく見える大きめのベットを打てるかな。よしそうしよう!
このプランは最高だね!


私は22.5bbをベット。相手は少し考え、72.5bbまでレイズした。

ああ…こりゃ最高にヤバい状況だ。

何てこった、コイツはリバーでレイズできるくらいの強いハンドで2回チェックしてきたのか?
こっちがリバーもチェックバックする心配はしなかったのか?まあコイツは所詮$1/$2のプレイヤーだ。
OOPで強いハンドを持ってて2回チェックするなんて無理だろう。多分こっちをブラフと思ってリブラフ
してきてるに違いない。特に前にやった時にこっちのAAを降ろせてるんだからな。

私はコールした。そして彼は5s4cをショウダウン。

なんてバカなんだ。恥ずかしい。ナイスハンドだよ。


問題

どこから始めましょうか?私はこのハンドでは3回、自分の考えに逆らうべきでした。

私は彼が上手いプレイヤーだと考える証拠は全くありませんでした。だから私は、彼が私のハンドについて、
私が思っているようなことを考えていると想定して、彼の考えを推測すべきではありませんでした。
私は彼が弱いハンドを持っていると確信していました。だから彼がクライングコールしてくれることを願い、
小さいベットを打つべきでした。

チェックレイズされた時、また自分に逆らってしまいました。もし彼が私のリバーベットをブラフと
考えていたのなら、ショウダウンバリューのある多くのハンドでジャストコールしたでしょうし、
ハンドが何もないならリブラフはしないでしょう。彼はまた、弱いショウダウンバリューがあるハンドを
ブラフに変えることもしないでしょう。ここは$1/$2の卓なのです。彼のリバーのチェックレイズには
ほとんどブラフはなく、私が以前遭遇した、今回の読みに導いてしまったターンのチェックレイズも、
ブラフではなかったのでしょう。

私がAAを持っていた時に彼がチェックレイズをしたということだけでは、彼が私にブラフをしたという
理由にはならないのです。実際その時には、私のAAに対して最悪のボードだったわけです。大抵の場合、
ワンペアでは負けていたでしょう。実際、AAをベットフォールドした時は、彼のチェックレイズはリブラフだ、
などという考えは全くよぎりませんでした。

AAをフォールドさせられることは猜疑心を産みます。
あなたは一晩中そのハンドを待ち続けているし、来た時にはスタックして勝てると期待してしまうものです。
そしてそれが計画的に進まない時、誰かに何かを盗まれたように感じてしまいます。
しかし結局のところ、あなたはワンペアをクラックされただけなのです。

自己中心すぎとは思いませんか?このようになってはなりません。

レッスン

スモールステークスのゲームにおける、めったに無いような状況を深読みし過ぎてはいけません。
ほとんどの場合、アンノウンの相手のアクションは見たままの通りで、特にそのアクションが
めったに起きないようなリバーチェックレイズというアクションならなおさらです。

もし私が、相手は変則的なプレイをしていると思ったら、その証拠を探す必要があります。そして、
そのようなプレイにアジャストすべきである、という十分な証拠が見つかるまでは、それに大きく
アジャストするようなことは避けるべきでしょう。


元記事 Cash Catastrophes, Vol. 3: Folding Aces Leads to Paranoia(2015/1/15)
http://www.pokernews.com/strategy/cash-catastrophes-folding-aces-leads-to-paranoia-20327.htm

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (河出文庫)FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学
ジョー ナヴァロ,マーヴィン カーリンズ,西田 美緒子

河出書房新社
売り上げランキング : 6245

Amazonで詳しく見る