2a71e41908

前回の記事では、gritであることとポーカーにおける成功の関係について書きました。高いgritを持つ
人々は、長期間情熱を保つことができます。彼らは莫大な「根気強さ」をもち、長期間、一つのことに
集中することができます。

しかし一つのことを忍耐強くやり抜くことが必要と言っても、実際にどうやってやり抜けばいいのでしょうか?
ポーカーを上達するために、何に対して、どうやって集中すべきなのでしょうか?

K. Anders Ericssonは、世界的エキスパートになる方法について世界一のエキスパートと言われています。
彼は世界レベルの音楽家、チェスプレイヤー、アスリートなどの、トップクラスになる過程を調査しました。
調査の結果、成功する過程は、どの分野でも驚くほど似ているということがわかりました。
(偶然ですが、私は彼らの研究室から連絡を受けたことがあります!彼らはポーカープレイヤーの
研究について興味を持っているということです。)

では、世界クラスの人間がしていて、そうでない人がしていないこととは何でしょうか?
それは、「究極の鍛錬(deliberate practice)」と呼ばれるものです。

※訳者注
deliberate practiceの訳語は直訳すると「思慮深い/計画的な練習」になるのですが、
この
deliberate practiceについて書かれた「究極の鍛錬 天才はこうしてつくられる」という本の訳語に準拠しました。
(本のamazonリンクを下につけておきます)

我々の大半は、練習をします。しかし、究極の鍛錬とは一般的なそれと同じものではありません。
究極の鍛錬と普通の練習を分ける複数の要因があり、そこで明らかになるのは、膨大な量の練習より、
その練習の質がとても重要ということです。Ericssonの研究結果は、ある人がエキスパートレベルになるのは、
エキスパートレベルの練習を続けた結果であるということを明確に示しています。
彼はまた、才能に関係なく、究極の鍛錬を続ければ、誰でもワールドクラスの人間になれる、
ということを強調しています。


これは良いニュースでもあり、悪いニュースでもあります。


究極の鍛錬は単純な作業の繰り返しではありません。
実行するには、以下の4つを守らなければなりません。

1. 練習をする時は、自分が改善したい特定の一点のみに集中する


例えば、あなたは1度に1つの問題だけに集中すべきということです。一度基礎を習得すれば、
あなたに対して寄与しない「全般的」な勉強に時間を使う必要な有りません。勉強のそれぞれの
セッションで、特定の点について、具体的な目標を設定しなければなりません。

2. あなたの目標は、あなたのスキルレベルを超えたものにしなければならない


人間は、どうしても簡単な事に取り組んでしまう傾向があります。しかし、それは自分のスキルを
向上させる練習にはなりえません。自分の背中を押さなくてはなりません。一般の人は自分を
厳しい状況に追い込むのを嫌がるので、違和感を感じるかもしれません。しかしこれは、流される
ままにいる精神的に楽な状況からあなたを外に出すためなのです。

3. 即座に、正確なフィードバックを受ける

ポーカーではこれが大きな問題になります。フィードバックを受ける時と、実際のプレイの間に
タイムラグが存在するからです。あなたはハンドレビューを行うべきですが、しかしそれは、
(プレイと同時ではなく)セッションを終わらせたあとになります。また、時には間違ったプレイで
勝つこともあるし、正しいプレイで負けることもあるのです!音楽であれば、間違えばおかしい音が
出てミスが明らかにわかり、正しい音が出るまでやり直せますが、ポーカーはそういうわけにはいきません。

4. 反復、反復、また反復

それぞれのスキルを繰り返し練習しなければ、それについて「流暢」になることはできません。
あなたの目標は、そのスキルを無意識に、自動的にできるようになるくらいまで反復することです。
Once you get to this level, standard lines become so instinctive that you can more easily look for altering lines and make adjustments.
※注
上記一文上手く訳せず・・・申し訳ない。
完全にそのスキルをマスターすれば、標準的なものは直感的にできるようになり、さらには
応用的なやり方を見つけたり調整することがより容易になるというような意味かなと。


もしこの全てがあなたにとって目標が高過ぎると思うなら、そうなのかもしれません。
究極の鍛錬が求めるものにコミットできないということが、どの分野でも世界クラスの人が少数である
大きな理由なのです。

もしあなたがこのゲームを始めたばかりで、トッププレイヤーを目指しているなら、いくつかの
アドバイスをしたいと思います。

まず最初に、基礎が固まってなければ、エリートになることはできません。基礎をマスターしましょう。
そして基礎をマスターしたら、それ以上のことにとりかかりましょう。あなたの目標は、完璧に近づく
ことです。もちろん、急ぎすぎてはいけません。それには最低でも、究極の鍛錬が10,000時間は必要です。
実際には、20,000時間以上は必要かもしれません。

最後に、究極の鍛錬はとても大変なことだと理解してください。上達するために完全に集中するには、
とても多くの精神力が必要です。これはエリートになった人ですら、1日に2,3時間しか究極の鍛錬を
行わない理由です。嘘を言っているわけではありません。このレベルに達するまでに、かなりの量の
鍛錬を行わなければなりません。ですが、もしあなたがトップクラスの人間になりたいなら、他に
方法はないのです。

常に究極の鍛錬に従事しましょう。そうすれば、長期間の鍛錬の後、あなたの脳は再構築され、
世界的ポーカープレイヤーになることができるでしょう!


元記事 Deliberate Practice: Four Steps to Improve Your Poker Game (2015/1/23)
http://www.pokernews.com/strategy/deliberate-practice-four-steps-to-improve-your-poker-game-20411.htm

たまたまこれについての本を一昨年読んだのですが興味深かったです。
レビューだけざっと読んでみても面白いかも。
究極の鍛錬究極の鍛錬 天才はこうしてつくられる
ジョフ・コルヴァン,米田 隆

サンマーク出版
売り上げランキング : 10715

Amazonで詳しく見る